読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:Readme

PCトラブルや環境構築、家電量販店とかで買ったもののメモ。ご利用は自己責任で。

モバイルバッテリーを買ってみた感想

モバイルバッテリーをいくつか購入しての感想を書いてみる。


1つめはILAU30-SPC01W(オズマ製)。
容量は3000mAhで、入力(充電)はコンセント直挿しで、出力(放電)はUSB。

個人的に、入出力用に余計なケーブルがごちゃごちゃ付いてくるのが嫌だったので、コンセント直挿しタイプで比較的コンパクトなこいつを選択。
iPhone5Sを使用しながら充電すると、100%になる頃にはモバイルバッテリー側は9割方使い果たすという容量が3000mAh。ポケモンGOなどのGPSを使うアプリはバッテリーをガンガン食うため、3000mAhだと1日持たない。
さらに、本製品には入出力中は緑色のランプで残りの充電量を確認できる仕様になっているが、これが結構眩しく、就寝前に充電するスタイルだと辛いことがある。


続いて購入したのがスマイルワールド製の、名前がよく分からんバッテリー(
https://www.amazon.co.jp/モバイルバッテリー-2USBポート同時充電可能-リチウムポリマー電池使用-Android-SWA-1-GL【Amazon-co-jp限定】/dp/B00PRGTGLG)。

容量は10000mAh。これで1日1回充電するという使い方で足りなくなる方は多分スマホ依存症。
当時比較的安かったので購入したものの、1年弱使っていたらバッテリーが膨らんできて怖かったので処分。交換しようとしたものの、保証期間が半年だったので断念。


3台目はAnker PowerCore 10000 Quick Charge 3。
バッテリーメーカーだとAnkerかCheeroが有名どころ。これがW9.2×D6.0×H2.2[cm]と、写真のイメージよりめちゃくちゃコンパクト。これだけで上記の中で一番の高評価。その代わり、入力1ポートに出力1ポートのみ。
iPhoneSEで4回充電できる。充電率はLEDで25%刻みで確認できる。眩しくない。